ただ試合に「勝つ剣道」というよりも、中学生から高校生、大学生、大人になってから大きく術が伸びるように。
松坂指導長の一貫した方針を元に、基本を中心に、正しい剣道を目指した指導を目指しています。
当てっこにならぬように、切り返しと打ち込みを重視し、基本をしっかり身につけてもらえるよう”大きく強く”打てるまで元立ちの先生方は一生懸命アタマを貸してくれます。

毎年夏、全日本少年剣道錬成大会にチャレンジしています。
試合中心に稽古を積んでいる地方の道場にはなかなか勝利を得られませんが、全国大会で強豪にあたり、たとえ砕けても、基本の切り返しと打ち込みで一本でも旗が上がれば、それで「ヨシ」。
大会当日までの切り返しと打ち込みの基本稽古を積み重ね、体に剣道を教え込む努力にこそ意義があるのだと考えています。

目剣連の中央体育館剣道場は、毎日稽古できるのも特長の一つです。こども剣道も、日曜・金曜日を除く月〜土曜日の毎日、少年少女が汗を流しています。募集は、基本的に4月ですが、途中からでも大歓迎。常時見学も可能です。(お問い合わせ:下記メールアドレスまで)


 
 
 ←お問い合わせ

中央体育館指導員窓口  西大條まで
ZoomDesiGN 事務所


   ←中央体育館利用案内 一般公開


目黒区ホームページ 目黒区教育委員会 全日本剣道連盟 東京都剣道連盟 品川区剣道連盟月刊剣道時代剣道具店サイトTシャツ制作=tshirts.co.jp